2016年9月29日木曜日

相続人に未成年者がいる場合の相続登記

先日ご依頼いただいた相続登記は、夫が亡くなり相続人が妻と子供二人(二人とも未成年)でした。

未成年者は遺産分割協議をすることができません。
通常は親権者である母が代理人となりますが、遺産分割協議では未成年者と母との利益が相反するので代理人にはなれません。

この場合、家庭裁判所で特別代理人を選任してもらい、特別代理人が未成年者の代理人として遺産分割協議をすることとなります。

今回のケースですと、子が二人いるので、それぞれの子について別の特別代理人を選任してもらう必要があります。

また、法定相続分で相続する場合は、遺産分割協議はしませんので、特別代理人の選任手続きは不要です。

ご依頼内容は、法定相続分で相続したいということでしたので、特別代理人の選任は不要となりました。

なお、親権者であることを証する書面は、戸籍謄本(全部事項証明書)です。

登記原因証明情報としての戸籍謄本等は、相続関係説明図を提出すれば、コピーを提出しなくても原本還付してもらえますが、親権者であることを証する書面は代理権限証書になりますので、コピーも添付して忘れずに原本還付手続きをしておく必要があります。

【相続手続・遺言作成・過払い金返還・時効援用】
辻堂・茅ヶ崎 司法書士 司法書士 湘南法務事務所